Mealinkとは

  • HOME »
  • Mealinkとは

理念

今日くちにしたものが明日の自分を、社会を作る

“今日食べたものが明日の自分と社会をつくる”をコンセプトに活動中。
2010年にスタートしたこのコミュニティには、管理栄養士をはじめとする食に関心の高い大学生×社会人が所属。食事の大切さや食事の持つ可能性を伝えるため、料理教室、プログラム・リサーチ等、様々な活動をしています。

代表の想い

IMG_6756

一般社団法人Mealinkのホームページへご訪問頂きありがとうございます。私、一般社団法人Mealink代表理事を務めさせて頂いております、鶴岡祐佳(通称:もちゆか)と申します。
「Mealink(ミーリンク)」は2010年5月に”野菜から食を考える”をテーマとした、大学生による食育団体(現在は大学生×社会人による食育団体) としてスタートしました。
創立当初は、私自身も大学2年生になりたての19歳。高校時代に心身のバランスを崩した原体験があり、自分の体調を回復させるために食事に興味を持ちはじめていました。そして、その食事が自分の身体だけではなくて社会をも作っていることに気付いたことから、
「日々の食事について改めて考えるきっかけ作りがしたい!」「食事(Meal)が様々なものに繋がっている(Link)意識を持ってもらいたい!」そのような気持ちで活動を開始しました。

以来様々な活動をさせて頂く中で、多くの方々のお力添えを頂きながら活動を継続して参りましたが、団体を創設してから丸6年が経過して7年目に突入した、2016年8月31日(野菜の日)に一般社団法人Mealinkとして新たなスタートを切り現在も活動を継続しています。

 

「日々の食事は自分自身や社会を作っている意識をもつ。」

そんなメッセージを届けることによって、より多くの方々が、
“健康問題により人生の選択肢が減ることなく、生涯暮らせるように。”
“食を通して社会全体がよりよい方向に循環できるように。”
ブームではなく文化として根付かせていける組織になっていきたいと思っております。

一般社団法人Mealink 代表理事 鶴岡祐佳

PAGETOP
Copyright © Mealink All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.